jcss校正認定の特徴および国際基準の範囲の実効性

オーソドックスな校正との相違点

校正というのは計器関連の確実性を標準器と見比べて狂いがありましたら適正化することです。何かしらを計測する時に使用するツールや機器は活用しているうちに劣化、あるいは摩耗などを通じて異なっています。測定結果に対して悪い影響を及ぼしていては無意味です。きちんとした値を把握するには正しいことを見極めておくことが大切です。このことは校正が要される理由といえます。それから校正を実施する時にはjcss制度を介しての校正でなければ結果が伴いません。jcssにつきましては計量標準供給制度及び校正事業者登録制度の柱からなる計量法トレーサビリティシステムになります。国家標準器に至るまで追尾することが可能なトレーサビリティシステムで測定結果がインターナショナル的にも通用します。

計量の標準制度の必要性に関して

校正につきましては、標準器との対比によって正確性を計測し、狂いを発見したら正す事といえます。たとえば、会社で最も確実な時計に合わせて別の時計も手を加えたとします。このことが校正になります。会社内では全員がその時計にフィットするようにするため、勤務する時間も会議も標準化された時間で実行出来ます。その標準時計が実際の所正常でなくなっていたら社外では通じない時計になります。全世界で通用するには、以上のように限定された範囲だけで適正なのではなく国家、あるいは国際的に適正と確立された標準によって校正されることが必要不可欠です。国際的な範囲まで認められる制度がjcssの計量標準供給システムになります。そして、国際的な範囲まで認められているので、国家標準器に至るまで追尾できることができます。

適正な技能を持つ事業者に因る校正が実現できます

国家標準器に至るまで追跡することができることだけで、測定器の確実性は国際的に認定されるということはありません。これに関しては校正方法が妥当なのか確認できないためです。校正を実施するにはその適正な方法を理解している必要とその方法を正しくできる技能が要ります。仮に国家標準器との対比が間違ってしまった方法で為されたら、いくらトレーサビリティが得られても信憑性がないことになり、認定できません。そういうことから大切なのが校正事業者登録システムです。jcssで校正を実施することができる事業者は計量法の関連法規と国際規格のISO17025への適性が審査され、認定を受けることが不可欠です。ISO17025に関しましては試験所並びに校正機関の能力に関しての事項を決めた規格です。技能が確実な事業者に対して国家標準器との比較を行なって貰うことで実効性のある校正ができます。